オイル性香水とガラス瓶タイプも魅力です!

この前、銀座のデパートの方に買い物に行ってきました。

その時に、特設会場としてインドのガラスの香水瓶が、期間限定販売店として出ていました。

このインドの香水瓶が何とも言えない繊細な色と形をしていて、中に香水を入れていなくても、ひとつの置物としてとても素晴らしいものが販売されていました。

また、中にいれる香水もアルコール性のものではなく、オイル性の香水であるためになかなか匂いが飛んでいきません。

それに加えて、匂いのテイストもまろやかになるという特性を持っているそうでした。

今ではロールオンタイプの香水も人気が高く、持ち運びしやすいうえに、周囲に迷惑をかけることなく塗りなおすことができる、というのが魅力のひとつだそうです。

わたしは、ふつうのスプレータイプの香水しか持っていないので、こういったタイプの香水を買ってみるのもありだと思いました。

このオイルタイプの香水も、今では多く種類を出しているそうです。

その特設販売店のなかでさえ、50種類もの香りの種類があり、実店舗のほうでは100種類をこえるとのことでした。

なかなか独特な香りが好みの自分ですら、その特設販売店でお気に入りの香りをさがすことができたので、みなさんもきっと自分にあった香水を見つけられると思いました。

インドのガラス瓶も種類や大きさも豊富で、安いものでは2000円程度から購入できるので、興味ある方は是非調べてみてください。

この特設販売店とは別に、わたしが個人的にみつけた原宿のインドのガラス瓶を使用した香水屋さんもあるので、どんどん人気がでてきているのではないかと実感しました。

飾ってよし、香りを楽しんでよしの一品です。